ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村
株の初心者向け

今日確信した!下半期はこれを買え!

昨日の米国市場を見て確信に変わった

まずは昨日の米国市場を。

私はこの画像を見て、ビロビロビーーン!と体中に電撃が走りました。別に以前雑に扱った元カノからスタンガンを押し付けられたわけではありません。

この画像から下半期の投資戦略が閃いたのです。

直近で恐れていた事

年初からひどい地合いなわけですが、私がずっと懸念している事がありました。それは、株式市場が総崩れで全員負けてしまう環境になってしまうのではないかと。しかし、昨夜見たWBSでは年初からの上昇ランキングベスト10を見ても、50%以上の上昇は当たり前。なんなら二倍近い上昇を記録しているものも見受けられました。これが何を意味するかというと、

 

「一人下落スパイラルおつ!」

という事実でした。市場が総崩れだと銘柄選定は意味を持たないのですが、それは否定された形となっています。ただ、僕みたいな下手くそにとっては株辛いね・・・。



今日確信した!下半期はこれを買え!

今日の結論に至る前に、今の私の思いを記したいと思います。

 

1 リセッションの懸念

未だに議論されてますが、個人的にリセッションが来るか来ないかは分かりません。ただ、みんなが言うのならそうなんでしょう(適当)。しかし、一番大事なのはそれを当てる事ではなくて、良いリターンを生み出す投資行動が出来るかどうかだと思ってます。

 

2 原油価格が下がって来ている

景気のベンチマークともいえる原油先物価格。これも直近のピークから30%ほど下落しています。原油価格も面白いもので価格が高騰しすぎるとガソリン需要が減り、価格も下がるという天秤のような動きをします。ちなみに原油価格が下がると旅行需要には追い風となるので、注意を払っておきたいところです。

 

3 米国金利が下落テイストに

景気悪化の懸念が強くなれば当然金利は下落傾向になります。金利が下がると一般的にグロース株が買われる形になります。本当に地合いが悪いと個別株は総崩れになるのですが、ここ最近の傾向として金利が下がるとハイテクやグロース株が買われるという構図は維持されています。

 

まだピンと来ない人のために置き換えをしましょう。

リセッション=コロナ感染初期の市場

原油価格下落=コロナ感染初期の市場

米国金利下落=コロナ感染初期の市場

 

おいおい、

 

グロース爆上げの環境に戻っていくじゃねーの\(^o^)/

 

というわけで、下半期は

 

割安グロース株を買え!

 

という結論に落ち着きました。ここからは完全にグロース株のターンが来るぞと。で、当然ですがグロース株ならなんでも良いわけではなくて、

 

・業績予想の精度が高くて株価が割安

・業績予想が保守的で株価が割安

 

こんな感じの株を買うのが良いでしょう。個人的にはリセッションになろうがならなかろうが、投資家は先行きの見通しが付いた頃に買って来ると思ってます。なので、リセッションで株価ガー!と騒ぐ前に冷静に対処して行きましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA