ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村
株の初心者向け

投資における着地点の大切さ

投資を始める際は着地点を確認すべし

柔道のビロディドにビロビロにされたい同志の諸君こんにちは!オリンピックも開幕し、反対派ですらも花火に歓喜して写真を撮る平和な国、日本。普段はあまり興味が無い分野のスポーツでも、思わず見入ってしまうぐらいの魅力があるオリンピック。このまま円滑に行事が進行し、事故が無い事を心から願う。というわけで本題。皆さんは投資をする際の大まかな着地点は描いているだろうか。例えばスカイダイバーが着地点を考えずに飛んだらただの飛び降りだし、プロレスラーが何も考えずにバックドロップを仕掛けたら普通に暴行である。

このように、物事には始まりがあるように終わりがある。私は投資に関しても同様だと考えている。今回は死ぬまでバイ&ホールドの人を除いて、一般的な投資の出口について考えてみたい。

着地点を考えないとロスが生まれる可能性が・・・

では、みんな大好き株式投資で例を。ある企業が5年の中期経営計画を発表したとする。今回は分かりやすくするために極端な表現にしたのでご了承を。

 

初年度 売上10億円 営業利益100百万円 

二年目 売上10億円 営業利益100百万円 

三年目 売上10億円 営業利益100百万円 

四年目 売上10億円 営業利益100百万円

五年目 売上100億円 営業利益1000百万円

 

この計画を見ると、最終年度で一気に業績が上がる計画になっている。ここで色々な問題が出てくる。

 

1 この業績予想は正しいのか?

そもそもこの計画通りに業績が進捗するのかどうか。二年目から上振れていく可能性もあるし、逆に減収減益になる可能性もある。これが不確定要素になる。

 

2 業績予想がピッタリだとして、いつから投資すべきか?

仮にこの業績予想がピッタリ推移するとして、どの時点で株を買うのが正解なのか?予想通りであれば、一年目から四年目までは会社業績に変動が無い事になり、一年目に投資をすればお金を寝かせてしまう可能性がある。逆に四年目まで待つと既に株価が高騰して乗り遅れる可能性もある。



自分なりのストーリーを持とう

私の場合、株式投資でも不動産投資でもストーリーを持つ事にしている。株式投資の場合は、業績予測の精度を若干低く設定して数年後の利益成長を予想し、そのストーリーが崩れない限りは持ち続ける事にしている。

また、不動産投資の場合は、一定の利回り計算&変動費の計算を立て、それをクリアして安全圏まで収益を確保出来たらOKだし、なんならタイプのスレンダー女子が入居して半年後に「お、大家さん、いつもありがとうございます!その優しさが大好きです。付き合ってください」って言われる事を願い続けて、

 

 

 

 

一度もない(キッパリ)

ただ投資して握るのはNG

投資信託やETFは別として、個別銘柄に投資する場合の着地点は重要だと思っている。着地点が決まっていれば途中経過の株価の上下にも耐えられるし、ちゃんと決算をチェックしていればそれだけで狼狽する機会がグッと減る。漠然と「良い会社だから」と言った理由でアホールドするのではなく、常に合理的でいよう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA