ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村
個別銘柄

やるぜ俺達のオリックス!無駄なくしっかり株価が上がった理由とは?

株価飛ばしまくりでヤル気マックス!

8591オリックスが年初来から勢いを増している。私は小型株中心で全然監視していなかったのだが、昨日とあるニュースが流れたのでふと気になり、株価を見てみた。

完全にヤル気マックス!あのイチローさんですらイナバウアーをして、のけぞってしまうようなチャート。その小型衛星の発射時の様な日足を見ると、株主の高揚感が伝わってくる。また、オッサン株主が「な!俺はオリックスって言っただろ。な!」と、スナックでふんぞり返ってる姿すらも想像できる。これだけの大型株がランキング上位に入ってくるのは珍しい。まずは株主の皆さま、心からおめでとうございます。ギギギ。

私が気になったニュースとは・・・

私が昨日気になったニュース。それは、10年物米国債利回りが1%を超えたとのニュースだ。米国債利回りに付いて細かく説明すると、読者が耐え切れずにユーチューブを見に行ってしまう可能性があるので割愛するが、株価的には基本的にネガティブな材料である。 「じゃあ、何でオリックスだけは値上がりしてるの?」と疑問に思う読者もいるだろう。そんな男性読者に対しては、

 

ヤル気マックスだからに決まってんだろ!(ぷんすこ)

 

と一喝しておしまいだが、そこはメイン読者が20~30代の株女子で占められている我がブログ(願望)。ざっくりかつ簡潔に説明したいと思う。

オリックスの株価が上げた理由は3つああった!

まずは時系列から追ってみよう。去年から今年にかけてオリックスにはターニングポイントがあった。まず1つ目は、

自社株買いの発表

オリックスは去年の11月2日に4%の自社株買いを発表している。これだけの大型株を4%自社株買いするとのことで、マーケットには大きなインパクトを与えた。これが第一弾ロケットとなり、投資家に対して安心感を誘った。 

そして二つ目、

米国債利回りが1%に上昇 

オリックスは銀行株ではないのだが、金融のコングロマリットと私は認識している。その考えで行けば、金利の上昇がポジティブになるセクターでもある。昨日のニュースを受けて、三井住友・みずほ・三菱UFJのメガバンクも大幅高しているので、市場の受け止め方は私と同じであると認識している。基本的に金利が上がれば、金融セクターに恩恵があると覚えておけば良い。

最後の三つ目。

※株探より引用

株探によると、本日三井住友トラストアセットマネジメントが、大量保有報告書を提出したとのこと。その保有割合は5.04%!この数字の驚くべき点は、保有ゼロから一気に5%以上を買ってきている点。もちろん少しずつ買っていた可能性も否定はできないが、いきなり大手のファンドが大株主に名乗りをあげると、既存株主にとっては心強い。また、買い増しの可能性すら出てくるわけだから、トレーダー視点で考えても数日は下値不安が低下するので売買しやすくなる。ポジティブ要素なのは間違いない。



この投資に再現性はあったか?

ここまでを振り返ってみると、いくつかポイントがあったように思う。その中でも間違いなくきっかけになったのは、自社株買いだろう。実際にここを起点として株価は全く下がっていない。その頃に飛び乗っても十分恩恵はあったのだ。ただその後の金利上昇や大量保有報告書は、あくまでもおまけに過ぎない。それを予想できていたとすれば、まさしくスーパーマンだ。ということで結論を言うと、

コツコツ買ってた人おつ!

という感じ。ひたすら配当利回りを計算して、コツコツ買ってた人も多かったと推測される。それが花開いたイメージ。あえて付け加えるとすれば、私が以前記事にしたようにボックスの下限で買えていれば上手く行ったかもしれない。その時の記事はこちら。

もちろん、今後の株価は分からないが、このように大型株でも立派なリターンを得る事が出来る。インカムとキャピタルの両方の利益がもらえるなんて、株主冥利に尽きるじゃないですか。

 

ねえ、読者の皆さん!(パチパチパチ)

株式市場は色々な方面にチャンスがあるなぁと実感した次第です。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA