ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村

Q:バブルはいつまで続くの? A:蛇口の栓を締めるまで! 

空売りの誘惑

さあ連日の株高で、 日経平均株価は年初来高値が射程圏に。 ただ、合間合間に公表される企業の月次報告は、概ね冴えないものとなっている。私が考えていた以上にコロナのダメージは大きく、特に接客業関連ではまだまだ回復の兆しが見えない。また、交通インフラ関連の月次を見ても、油断のできない数字が並んでいる。そんな数字を並べて見ていると、ついつい空売りをしたくなるのが投資家というもの。

 

しかああし!(つばぺっぺ)

 

これが平時の状況であれば空売りという選択肢もありえるが(私は空売りしない派)、今の状況下では空売りというのは分が悪い方法だと考えている。そのことについて個人的に意見を述べたいと思う。

バブルは続くよ閉めるまで

株価というのは基本的に需給で動くものである。買いたい人がたくさんいれば株価は上がるし、売りたい人がたくさんいれば株価は下がる。で、本来であれば3桁PERの株とか、月次がひどくて通期赤字が濃厚な株などは徹底して売られるのが常である。だが現状を見てほしい。全体的にそのような状況は起きていない。なぜこういうことが起きること言うと、

マネー刷り刷り、資金ジャブジャブ

こういったことが世界中で起こっているから。株高の一番大きな原因はこれだと思っている。市場参加者の増加なども一因ではあるが、順番的には市況が良い(投資家にとって)から参加者が増えると言う循環で間違いない。このマネー刷り刷り、資金ジャブジャブを日常生活で例えると、線香花火を思い出して欲しい。 線香花火はいいね。あの夏の終わりを感じさせる、日本の侘び寂びが表現された花火。 好きな人との線香花火が終わって、その後に本番の大スターマインみたいな(何の話)。ちょっと脱線してしまったが、線香花火を消すにあたって必要な水の量と言えば、せいぜいバケツに溜めたぐらいの水で十分だろう。 最悪自然に鎮火するレベルの火薬量である。今回のコロナショックを花火に例えてみる。

 

花火の残り火を消すために

 

消防車を呼んでホースで消す、みたいな

コロナ禍での経済的ダメージという火を消すために大量の水で消火をしているという、過剰な状況が生まれている。そして大量に余った水が何を引き起こすかというと、

ナイトプールで遊ぶ大人たちが大量に発生する。これらが俗にロビンフッダーと呼ばれる人種。市場に放出された水を利用して遊んでいるのだ。



この狂乱が終わる時はいつ?

前述したように、現時点で株式市場は過剰な流動性を生んでいる。それが普段は起こらないレベルでのマネーゲームを生んでいる。だがはっきり言っておくが、こういった状況は永遠に続かない。必ず相場の反動というのが来る。じゃあその終わりの始まりはいつ来るのと聞かれたら、

 

各国政府が蛇口の栓を閉めた時

これに尽きる。コロナの火を消火するためにはマネーという水が必要なわけだが、いつまでもその水を出し続けるわけにもいかない。そうなると、どこかでこの大盤振る舞いともいえる状況を終わらせないといけない。さもないとハイパーインフレなど、別の問題が起きてくるからだ。なのでそれらの政策が終わる時、あるいは終わるとのアナウンスが出た時に株式市場は大きく反応するだろう。世界の中心のアメリカで考えれば、

1 ワクチン開発成功

2 コロナが終息へ向かう

3 経済環境が改善

4 金融引き締めへ

概ねこの流れじゃないかと。 この急激な変化に耐えられるように、前もって資金管理には注意しておきたいところである。 

 

タメになったら読者登録を尾根ギアします

ヤリ手ジジイと呼ばれたい - にほんブログ村

堅実投資のおススメ本!

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA