ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村

完全保存版!専業投資家が利用している投資関連サイトを一挙大公開!

デイトレ時代に見ていたもの

私の一日。

本当にこんな感じで、 デイトレ時代は9時~15時の間は全神経を注ぐ毎日を過ごしていた。当時見ていたものといえば、日経先物・ダウ先物・為替・日足・出来高・乖離率・移動平均線。たったこれだけ(震え声) 株の売買に特化して、必要最低限のものだけ注視していた。あれからウン十年。長期投資へと徐々に移行し、今まで見なかったものを見るようになった。これを日常生活に例えると、昔は派手な女性が好きだったが、今ではちょっとだけ派手な女性が好きになった感じ(大して変わらず)。

手法が変わると興味の矛先も変わる。次章で紹介していきたい。

長期投資に移行してからお世話になっているサイト

私がデイトレから長期投資に移行したのは、自身の反応の衰えと時間を有意義に使いたいという理由から。重ねて言っておきたいが、デイトレはマジで消耗する。というわけで、今現在現役でお世話になっているサイトを分野別でご紹介します。



速報系

世界の株価

暴落時や急騰時にお金の流れが分かるので便利。

日経平均リアルタイムチャート

右横にあるニュース欄が非常に便利。雇用統計の速報とか、世界的なニュースがほぼタイムリーに入ってくるので、読み物としても面白い。

株探

謎の急騰や急落、寄り付き前の気配の理由を知りたい時に、非常に重宝している。株価の上下の理由が材料なのか決算なのかはここを見れば大体分かるし、本当に参考になる。煽りに関しては倫理的な問題があると思うが、おさえておきたいサイト。 

企業分析系

まずは対象企業のホームページ。仮でジェイリースを載せてみる。

ジェイリース

企業のホームページにあるニュースは、けっこう侮れない。適時開示に載せるほどの内容ではなくても会社の動向が分かり、前向きな情報が掲載されていたりする。特に小型株ではホームページ自体を見ている人が少ないので 「適時開示に載せなくて良かった~」と思うような儲けのチャンスが多々ある。これを日常生活に例えると、好きな人ができたら、毎日電信柱の陰から見守りたくなるでしょ?あんな感じ。

|ω・)ジー

 

ライバル企業のホームページ

基本的に競合が少ない会社の方が投資対象としては良いのだが、業界全体の動きだとか流れを見るためにチェックしておいて損はない。

 

ログミーファイナンス

このサイトも非常にお世話になっている。特に決算発表後の、個人投資家が参加できないアナリスト向けの決算説明において、 ログミーファイナンスを上回るサイトを知らない。投資家が聞きたいことを質問してくれたり、経営者の発言の詳細なニュアンスも伝わって来るので、絶対に押さえておきたいサイト。 

 

有報キャッチャー

企業のホームページには様々な情報が載っているが、会社によってすべてをホームページに載せてるケースと、有価証券報告書だけは載せてないケースがある。このサイトは、IRやニュースなど知りたい情報も記載されているので、企業情報をまとめて確認したいときに便利である。 

 

imarket

企業業績の前年同期比や利益率などが、簡単に確認できる非常に便利なサイト。決算後の数字が出た時は、100%このサイトを利用している。押さえておいて損はない。



レポート系

各種無料レポートも重宝している。個人的に業績面での予想数字はあてにしていないのだが、取材をしないと知り得ない情報が記載されているケースが多く見受けられる。 これを日常生活に例えると、好きな人が髪形を変えたりした事に気が付くと、嬉しくて電信柱の陰から見守っちゃうでしょ?そんな感じ。

|・`ω・)

 

ブリッジレポート

ホリスティック企業レポート

エース証券アナリストレポート

フィスコ企業調査レポート

 

IFIS

レポートを検索したい場合は、このサイトで検索すると一発で出てくる場合がある。 

その他の便利系

機関の空売り残高

ファンダメンタルズは分析した!んじゃ、需給は?という時に確認するサイト。外資の機関投資家が自信満々で空売りして来てると、ちょっとだけビビるのがネック。

 

IRBANK

需給という点でもう一つ。大量保有報告が確認出来るサイト。 長期間の純投資で有名な機関投資家が名を連ねると、ちょっと嬉しくなる。また、雑誌等には一切出てこないが、素晴らしいセンスをした投資家さんの名前も見かけることがある。大いに刺激を受ける。 

 

The Goal

まつのすけさんという方が運営してるサイト。私は新規のIPO情報を確認する時はここを確認している。私には見やすく非常に重宝している。初値の需給関係も、 ここを見ておけばほぼOK。

 

トレーダーズウェブ

決算発表の日時を確認する時に利用させてもらっている。 決算発表予定の時刻も記載されており引け後の発表を待っていたら、場中発表でおんぎゃあ \(^o^)/といった事態も避けることができる。

 

日経新聞

決算発表の日時はコロコロ変わることが多い。トレーダーズウェブと日経新聞を併用することによって、より正確な日時が期待できる。

 

ラジオ日経

藤本誠之さんが上場企業の社長にインタビューしている番組。経営者の生の声が聞けるチャンスだし、収録時間も10分前後に収められていて非常に聴きやすい。個人的にはもうちょっと藤本さんの主観を減らして、経営者の声を多く納めて欲しいと思っている。

 

株ライン

主に投資対象の悪口がないか、煽り屋がうろついてないかを確認するためのサイト。情報内容は玉石混交だが、たまに「うおお!」と思うような情報もある。煽り屋同士が同時に記載されたりするので、株クラの闇の深さを感じたりする瞬間もある。



情報を生かすも殺すもあなた次第

今回、私が利用させてもらっているサイトは全部掲載した。当然これらのサイトを利用したからといって必ず投資にプラスになるわけではなく、余計な情報を見ることによって損をすることもあり得る。 なので、まずはサイトから得られる情報を自分で理解できる能力を持つことが先である。ただ、紹介したサイトを利用して何かしらのプラスになったという前向きな話が聞けたら、私自身もサイト運営者も喜びに堪えない。 

タメになったら読者登録を尾根ギアします

ヤリ手ジジイと呼ばれたい - にほんブログ村

成長株投資のおススメ本!

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA