ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村

株式投資のマイルールは、作っただけでは未完成。守ってこそ完成!

株式投資を続ける上で必要になるマイルール

株を始めて最初の頃は、ほとんどの人が明確なルールがなかったり、なんとなくで売買してるいことが多い。特に投資というよりもトレードで稼ぐという感じの人は、ルールよりも雰囲気で売買することが大勢を占める。

 

しかあああし!(つばぺっぺ)

 

私が考えるに、 長く株式市場で生き残っていく上で、マイルールというのは絶対条件と言っても過言ではない。逆にこれがなくて雰囲気だけで何十年もやってる人というのは、私自身はお目にかかったことがない。そもそもいたとしても、そういう人は天才なので、 参考にしても学べることは少ないだろう。という事で、今回はこのマイルールについて考えてみる。



マイルールを作っただけで満足してませんか?

このマイルール。大抵は頭がフラットな状態で基準を作ることが一般的だ。頭に血が上っている時に「んぎごごご!マイルール作るンゴゴゴゴ!」とは思わない。また、マイルールの基準というのは、投資家自身の成長とか、心理面によって大きく変わってくる。「昔はこうだったけど、今だったら絶対やらないだろうな」なんて言う事は、株の経験者にはあるあるではないかと思う。そして、自分の中のありとあらゆる経験と知識を詰め込んで、マイルールが完成する。しかし私はあえて言いたい。

マイルールを作っただけで満足してませんか?

ルールを作って一仕事を終えて満足してしまう。投資家にはよくある現象だ。だがルールを作っても守らなかったら、どうなってしまうのだろう。例えば赤信号では、車も歩行者も止まるというのは一般的に知られているルールだ。だが、これを誰かが守らなかったらどうなるか?事故多発で大変なことになってしまう。それと同様に、投資家はマイルールを自分で作って、なおかつ守らなければならないという高いハードルにさらされる。

損をした自分に凹むのではなく、ルールを守った自分を褒める

マイルールにはもう一つ真実があって、

 

なかなか守れない

 

ということが実際に起こる。皆さんも、決めたルールと全然違う売買をしたことはないだろうか?私は山ほどあります(震え声) よくあるのが、含み損が増えた時に「ルールは守りたいが、ここで守ると大きな損失が出る・・・」と考えて躊躇してしまう事。自分自身の身に覚えがないだろうか?私は山ほどあります(本日二回目)だが、 株式投資で大事なことは損をしないことではなく、自分で決めたルールを守ることが重要になる。 そして、「損をしてしまった!という考え方から、

損をした自分に凹むのではなく、ルールを守った自分を褒める

こういうふうに考えを転換すると、同じ損切りでも前向きに考えることができる。ぜひ試して欲しい。



ルールを守らずに得た利益は、のちのち大きな代償になる

これも本当によくありがちなのだが、損切りをしようと決めていたラインを割ったのに、放置してたらそこから株価が反発した!というケースがたくさん出てくる。 これは株初心者の99.8%(俺調べ)が経験する出来事である。こういうことを経験すると、ルールの重要性を軽視してしまいがちになるが、これは典型的なダメな例である。丸出ダメ男。私が言いたいのは「その時はたまたま反発したかもしれないけど、そのまま株価が底抜けしたらどうするの?」ということ。このルール無視を続けた結果の行き着く先は、塩漬け株の完成である。

もうしま1000

まだ経験してない人にはわからない現象かもしれないが、

ルールを守らずに得た利益は、その後大きな代償になる

このことは頭に入れておいてほしい。株式市場で偶然助かる事は、ずっと続かない。上級者でも無視してしまう事があるこのマイルール。愚直に守ることで生存率が上げられるかもしれない。株初心者の方のご参考まで。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA