ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村
個別銘柄

ヤマトホールディングスが下方修正!買い?売り?経営陣の誠意を見た

まずは前回までの経緯を振り返ってみよう

9064ヤマトホールディングスの3Qの決算が出た。

中身に触れる前に過去記事のおさらいを。

記事はこちら。

 

一応、11月時点で株価の妄想もしていたので答え合わせ。

そして株価のチェック。

普通に底固かったね。2Qの決算の段階では、どちらかと言うと下期の挽回に賭けて、

売却せずにホールドして様子見という方が多かったのではないだろうか?

 

しかあああし!(つばぺっぺ)

 

ヤマトは下方修正を発表。

ただ、下方修正!下方修正!と騒いでも中身がない。なので、次の章で内容を精査して

みたいと思う。



消費税の影響は本当にあるのか?

まずは下方修正の内容を。

消費増税の影響などにより荷動きがやや低調な中、宅急便 取扱数量が弱含みで推移することから、前回発表予想を400億円下回る見込みとなりました。 

個人的にこの文言に引っかかった。なぜなら、消費税が2%上がっただけでそこまで荷物

を送る事を控えるものなのかな?と。物流というのは血液であり動脈である。

ドラえもんのどこでもドアが量産されたらヤマトはひとたまりもないが、現実にはそん

ことはない。タモさんもそう言っている。

なので、多少の値上げでも荷物を送らざるを得ない。そう考えると、

「2%上がったから、荷物送るのや~めた!」という消費者の姿が私には想像できない。

会社側は書いていないが、第三勢力にシェアを削られてるのではないかと推測する。

もちろんこれは値上げの弊害である。

肝心なAmazonとの関係は?

今回の3Qの決算で最も心配していたのが、巨人Amazonとの関係。 リリースされた

決算資料を細かく読んだが、これといったAmazonとの関係を匂わせる記述はなかった。

最近、世間では匂わせが流行っているのでポロリを期待したが、情報は特になかった。

会社が開示していないので、これ以上の推測は無駄である。ダイヤモンドの記者さんに

期待したい(他力本願)

「末広がりで行くかおい!」経営陣が見せた誠意

下方修正を発表したので、既存株主の心は悲しみのズンドコに突き落とされたと思う。

だがそこは一流企業のヤマトホールディングス。

会社内でのやり取りを、ドキュメント風に推測してみる。

 

深夜の会議室にて(ここからは妄想)

幹部「社長、 ヤバいっす!下方修正っす!この経営成績だとギリギリ黒字のヤマト。

ギリクロヤマトのすれすれ便とか言われちゃいます!」

社長「 なあに~、やっちまったな!」

幹部「社長、ギャグを言ってる場合じゃありません。株主様は、佐川に乗り換えるぞ

ゴルア!とか、遠州トラックマストバイ!とか、株主総会で不規則発言をするかも

しれません。何か手を打たないとミッドナイト。」

社長「 君、腕上げたね。役員報酬あげとく!」

幹部「 家のローンが助かりまああああす\(^o^)/って、社長!何か手を打たない

と!!」 

社長「よしわかった。 伝家の宝刀を抜くか。みんな意識していたけどまだ発表して

ない、100周年記念配・・・・。ニヤニヤ。」

幹部「しかし社長、 この業績では株価を支えることは難しいです。

もうちょっと、驚き・桃の木・おれ広木!ぐらいのインパクトがないと。」

社長「むむむ、うーむやっぱり100周年はみんな頭に入れてるか。ヤリ手やね。

よしわかった。自社株買いするぞ!」

幹部「自社株買いキターーー!で、肝心の予算は?」

社長「やっぱり日本人だから、末広がりで行くかおい!8を意識したやつ!」

幹部「では、0.8%ぐらいで??」

社長「 おい、ワイを誰や思うてるんや。そんな数字じゃショボネコヤマト言われるぞ。

8.88%でハッハッハ~~~はどや!」

 

幹部「社長、抱いて \(^o^)/」

 

(ここまでが妄想)

こういったやり取りが実際に深夜の会議室であったかどうかは定かではないが

ヤマトホールディングスは、100周年記念配と自社株買いを同時発表。

個人的にこの判断は素晴らしいと思う。経営陣の誠意が見えた瞬間だった。



YJJだったら買い?売り?

会社の発表を受けて、翌日の株価は値上がりでスタート。市場が好感した表れだろう。

やはり8.88%の自社株買いはインパクトがある。今回の決算を踏まえて、ノーポジかつ

中立的な意見として私の考えを記したい。

 

1 自社株買い・記念配は素直に評価

これは会社側の姿勢を明確に示したもので素直に評価したい。

こういった基本姿勢があると、株主としても安心感がある。

 

2  減益というのは厳しい

配送料の値上げはいつか必ずやらなきゃいけない問題だったので、それ自体はやむを

得ないことだと思う。しかし、減益というのはいただけない。値上げをして減益では、

値上げをした意味がない。この辺は大いに改善の余地がある。

 

3 コロナウイルスの影響

会社側も言及しているが、今回の決算でコロナウイルスの件に触れている

私個人としては、外出を控える=巣ごもり=宅配便需要の増加というイメージが湧いて

いるのだが、その需要が増加したとして、ヤマトに流れてくるかどうかが不明である。 

 

4 上値を追う展開ではないので、弱含むと推測

今回の決算は良い点もあり悪い点もあったが、やはり減益というのはインパクトがある。

記念配を狙うと言っても権利確定まではまだ時間もあるし、今の地合を考えても買う

のは時期尚早。結論としては、

私だったら買わない

仮に買うとしても、やはり相応の値下がりをして、安全余裕域が高まったら買いたい

レベル。今回出た情報をどの側面から分析しても、買いという決断にはならない。

ただ、経営陣の株主への姿勢は非常に好感が持てた。

皆さんも、私一個人の感想として参考にして頂きたい。

 

 

ツイッターも見に来てね https://twitter.com/yaritejijii

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA