ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村
お金の話&アドセンス収益

2019年度を振り返る。専業投資家の成績は最終的にどうなった?

まあ、兎にも角にもお疲れ様でした!

まずは、2019年度の株式市場を振り返ってみたい。

年の前半は、2018年末のクリスマスショックの尾を引き、市場はだいぶ

低迷した。終わりよければすべてよしで、全般的にはイージーな相場だった

とは思うが、後半の市場全体の盛り上がりに乗れなかった人は、結構きつい

一年だったかも。

私のこの言葉を象徴するかのように、私自身の月間収支を振り返ってみても、

1月から7月までは資産がず~~~と横ばいだった。

今思えば半年以上資産が変動しないというのは、デイトレーダー時代には

考えられなかったわけで、エクセルを見ると震えてしまう。

だが、逆に言うと長期投資家としての忍耐力が格段に上がったとも言える。

自分が目指したい方向に進みつつあるのは、個人的に今年の大きな収穫だった。



今年一年心がけて、上手くいった事

今年は、年初から心がけていた事がいくつかあった。

1 ファンダメンタルズを分析して株を選ぶ

2 吟味に吟味を重ねて一点集中投資

3 長年のクセであった、チャートによる利益確定をしない

4 決算ベース&時価総額を意識して売却

振り返ってみると、全部上手くいったと思う。

自分自身、5流のデイトレーダーから脱却し、時間軸の長い投資をしようと

決意してから結構経つ。相変わらず癖が抜けない時もあるが、今年は大きく

転換することができた。また、何と言っても銘柄選定で大きい収穫を得た。

私は2019年といえば、

 

クックビズ

これに尽きる。社長の人柄を知るために前年の株主総会に出席し、この経営者は

とてもクレバーで、信用するに値すると判断。一年を通して買い場を待ち、

安値で買うことに成功した。今回のクックビズへの投資で、

 

会社を調べる

欲しい株価まで待つ

株価の変動に耐える

 

という、今更ながら長期投資の基本というものを掴んだ気がする。

今回の件がうまくいってなかったら、また違った結末を歩んでいただろう。

この経験をこれから先も活かしたいと思う。



2020年の運用方針

2019年は、長期投資分はレバレッジが一切なし。チャンスがあった短期の

デイトレード分と、優待のクロスの時だけ信用取引を活用した。

なので一点集中とはいえ、自分自身ではそんなにリスキーな取引をしている

感覚はない。2020年もこの形で行きたいなと思っていたが、あまりにも

地合が良いため、年の前半は方針を変更することにした。

クックビズを握りつつ、他の私がリスクの低い投資だと思っている会社に、

 

全ツッパ\(^o^)/(通常営業)

 

したいと思う。つまり、信用取引を使ったハイリスクな投資である。

去年からずっと考えていたのだが、もし仮にクックビズの株価が順調に上がって

いったとしても、運用利回りはいずれ鈍化していく。その前にもう一つ大きな

種をまきたいなと。

考えに考えた結論なので、上手くいけばいいなと思う。

ブログの更新が止まったら察してください。ニヤニヤ

で、結局運用成績はどうだったの?

前述したとおり、今年はクックビズを握りっぱなしで、時間が空いた時に適度に

トレードをしていた。年末に近くなるまでは本当にトレードをしなかったが、

例のごとく後半から地合が一気に良くなり、思わずトレードをしてしまった。

そこはやや反省点である。

というわけで、ほとんどがクックビズの株価に収斂する結果となった。

今年の運用成績は・・・・・・・

 

ジャラジャラジャラジャラジャラジャラ

ジャラジャラジャラジャラジャラジャラ

ジャラジャラジャラジャラジャラジャラ

 

ど~~~~ん\(^o^)/

 

85.8%

 

個人的には大満足です。まあ、クックビズを一切売却していないので、

税負担を考えると実質的にはもっと低いんだけど・・・・。

ただ、目標としていた投資行動を取れたし、それに数字が伴ったという感じ

なので、ただただありがたいといった一年だった。



2020年は、改めて気を引き締めて行く年

とても満足のいく数字を出せたのだが、私の投資スタイルではこういった事が

未来永劫続くわけがない。特にトレードを極力省き、自分の資本を経営者に

託して資産の増加を図りたいと考えているので、俗に言う波乗りタイプの

資産の増え方はしない。

だがそれでいい。

人は年齢とともに、大事にしたいものも変わって来る。

私は株が大好きだが、人生の一番の柱にしようとは思っていない。

競争は他の人に任せて、自分のやるべきことを追い求めたい。

2020年度も、このブログ共々よろしくお願いいたします。

 

年末のお買い物はこちらからどうぞ!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA