ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村
株主優待&配当

7550ゼンショーの優待で学ぶ、株主優待の本当のメリットとは?

ゼンショーから優待がキターーー!

今年も残すところ残り1ヶ月を切った今日、郵便受けの音がカコーン!と鳴った。

安普請で建てられている我がヤリ手ハウスは、郵便物が届くと地面に落ち、

直で音が聞こえるシステムである。

今日の音はトスッではなく、カコーーーーーン!だった。

こういった音の場合、郵便物も重量があるもののケースが多い。

午前中に音が鳴ってはいたものの、ゲームに夢中で全く無視していた。

しかし、引け後に証券会社の資金が拘束されていることに気がつき、

「これは・・・もしや・・・」

と呟きながら、玄関までダッシュした。

ゼンショーの9月末権利の優待がキテターーーー!

分厚い封筒はいつ見ても嬉しい。

ただ、分厚い封筒といっても、

 

議決権行使書と案内だけ

 

というフェイクも多々あり、株主優待あるあるの一つとして数えられている。

初心者は大抵騙される。ニヤニヤ



何度でも言おう!優待は心の癒しである

私が優待を取るようになってから数年が経つが、いつ届いても嬉しいし楽しい。

優待には、株の取引とはまた別の楽しみ方がある。

私は現行の制度を最大限に利用するタイプの人間なので、取れるものは取って

活用することを心がけている。まだ優待をもらったことのない方は、ぜひ

優待取りにチャレンジしてみてほしい。

早速中身を開封してみた

どっきどき。

 

きとぅわーーー!

そして、カタログも入っていた。

このカタログは選択性ではなく、

 

今ある優待券と引き換えにしてもらえる

 

タイプのカタログである。

つまり、優待を使う機会がなかったり、レトルトの商品が欲しい場合などに

この制度が使えるのである。

そして今回、カタログに目を引く商品が・・・

は、はま寿司のしょうゆ・・・。

 

ごくり・・・

 

種類もたくさんあるし、これでしばらく味付けには困らないだろう。

これはしょうゆGETや\(^o^)/

という事で、この封筒に届いた優待をぶっこみ、

郵便ポストへGO!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優待はちゃんと使い切ります。



では、実際どれくらい得をしているのか?

では今回の優待、実際にどれぐらいの得をしているのか記録を見てみた。

前回の建値が2,463円。

各種手数料を引いた金額は、

 

10,270円!

 

バイトの日当レベル。これは美味しい。どれぐらい美味しいかと言うと、

空腹に耐えかねて食べた時のポテチぐらい美味しい。

私が株主優待を取りに行く本当の理由 

株主優待を取る人には、人それぞれ理由があると思う。

その会社が好きだったり、優待が欲しかったり、優待を換金して利回りを

あげたりとか、色々と使い道や楽しみ方があって良いと思う。

しかし、私がわざわざ両建てしてまで株主優待を取りに行くには、明確な

理由がある。その理由とは、

キャッシュアウトを防ぐため

これが最大の目的である。

これはどういう事かと言うと、 今回の優待取りで10,270円得した事になる

わけだが、私の場合は優待を全て消化するつもりで取っている。

つまり、ゼンショーで飲食をした場合、この10,270円分のお金の流出を

防ぐことができる。本来食事をする場合、手持ちのお金から支払いをする

わけだが、株主優待を使えばその必要がない。ということは、飲食して持ち

出ししなかった分のお金が、丸々別のことに使える。これは圧倒的メリット

だと考えている。

これをもっと分かりやすく考えてみる。

財布の中に1万円札が1枚と、1万円分の優待があったとする。

ゼンショーでの飲食をした場合、全額優待で支払えば良い。

そうすると、優待を1万円分まで使い続ければ、現金である1万円札を

使う必要がない。手元の現金は残る。

このキャッシュは何にでも使える。優待取りを繰り返して貯まったキャッシュで、

再度株を買ってもいいし、別のものに使ってもいいわけだ。

もちろん1万円分の優待だけでは人生は変わらないが、これを何年も繰り返す

ことによって確実にキャッシュは貯まる。

そういった積み重ねが10年単位になると、馬鹿に出来なくなってくるのである。

こういうことを理解しているバリュー投資家は、この制度を最大限に活用して

キャッシュアウトを防ぎ、地道に資産を増やしているのである。

前述したとおり、株主優待は色々な楽しみ方がある。

 

 

このように「キャッシュアウトを防ぐ効果がある」ということも考えながら

資金計画を練ると、また違ったものが見えてくるかもしれない。

優待取りを是非お試しあれ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA