ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村
株の初心者向け

損切りできない人間が、損切りできる投資家になった方法

SNSで大損ぶっこいてる人を見て、ふと昔を思い出した

皆さんはマイトレードというアプリをご存知だろうか?

簡単に言うと、株の収益を一目で分かるようなグラフにして表示してくれる

アプリである。

まあ私ぐらい保守的な人間だと、資産は手書きで書いてるけどね(昭和の意地)

ニヤニヤ。

このマイトレード、かなり普及していて、SNS上ではしょっちゅう見かける。

大抵は、

「年初来○○%行きました~~」

とか

「一年中がYH!(イヤーハイ)」

とか、自分の運用アピールのために使われるのが一般的だが、今日は著しく

損をしている人のマイトレードを見てしまった。

最初は出金でもしたのかなと思ったのだが、どうやらものすごいスピードで

資産を溶かしているようだ。 年初来で数十%のマイナスらしい。

これを見た瞬間すぐに、

「 なぜこの人は損切りをしないのだろうか?

何かの罰ゲームを楽しんでるの?」

と思ってしまった。

しかし、過去の自分を振り返ってみると、似たような時期があった事を

思い出した。

その当時の私の心境を交えて、損切りについて語ってみたいと思う。



損切り出来ない人の心理とは?

まず私自身のことを振り返るが、デイトレーダーとして出発した私にも、

確かに損切りが出来ない時期があった。今思い出すと、損切りできなかった

理由がすぐに思い浮かぶ。

1 間違いを認めたくない

株を買う時は誰しも、値上がりを期待しながら買うものだ。

そして、自分の中にある基準に従って売買を行う。

超絶値上がりする期待を込めて。

しかし、一生懸命分析しようが自信満々で買いを入れようが、

株は下がる時は下がる。

そういう状況に陥ると、人間は自分のかけた情熱・労力・時間を思い起こして

しまい、間違いを認めたくないという心理状況に陥りやすい。

2 損切りするタイミングが遅かったから、今更切れない

1,000円で買った株が、決算発表を受けて950円に値下がりした。

この時一瞬迷ったが、また元の1,000円に戻ると思い保有を続けた。

しかしその後もずるずると下げて、株価600円に。

この時、一番起こりやすい心理状態は

「今損切りするなら、950円で切るべきだった。600円になっても今更

切れない。 このまま塩漬けをして、ずっと持ち続ける」

以前の私はまさにこれだった。

3 損切りは「悪だ」という人がいたから

情報社会の中で生きてると、損切りはすべきという人もいれば、損切りは

すべきではないという人もいる。今回は損失が出ているので損切りは悪だと

思い、その人の意見を取り入れてみた。

今思えば、自分の状況を肯定する人が欲しかっただけ。

 



損切りができる投資家になった方法

 細かいことを挙げるとキリがないので、損切りできない理由を三つに絞った。

ここからは私自身が克服した、対処法を書き記したい。

1 間違える可能性がある前提で買う

これは、デイトレでも長期投資でも共通だが「自分は間違える可能性がある」

という前提で臨むと克服しやすい。人間は自信がある投資ほど、逆に値下がり

した時に対処が出来ない。なので、自分の目論見が外れる可能性を理解し、

実際に外れた時にどうするかを事前に決めておけば、この問題からは

解放される。

2 損切りするタイミングは、そう思った瞬間がベスト

先ほど1,000円から下がり続ける例を挙げたが、実際に600円まで下がって

しまった場合どうしたらよいのだろうか?答えは、

「そう思った瞬間にすぐ損切りする」である。

なぜなら600円まで下げたとはいえ、そこで下げ止まる保証はない。

最終的に300円まで下がる展開の株を600円で損切り出来れば、かなりの余力

残る。また、損切りした後に株が上がっても気にしない。

むしろ、損切り出来た自分を最大限に褒めてあげるべきだ。

3 自分のミスを否定するために、他人を利用しない

私がここで言いたいのは、損切りの要・不要のどちらが正しいかという

事ではなく、自分が損切り出来ない事を肯定するために、損切りを否定する

人を利用していませんか?という事。

人は自分の取った行動に対して追い詰められると、どこからか肯定してくれる

意見を引っ張り出してくるものだ。 言葉というのは、使い方ひとつで毒にも

薬にもなる。本来の意味から外れて、恣意的に利用しても自分の為には

ならない。

そうは分かっていても出来ないからこそ、差が出る

ここまで私が述べてきた事は、非常にシンプルな内容だ。

しかし、だからこそそれを行動に移す人と移せない人の差が、時間の経過と

共に開いてくる。私自身も一朝一夕に損切り出来るようになったわけではない。

ただ、やらないと生き残れなかったから、自然と出来るようになったという

のが正しいだろう。

出来る出来ないではなく、やるしかない

この世界は出来る人だけが生き残っていく。それだけなのだ。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA