ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村
株の初心者向け

小型株投資は波が荒いんじゃ!その特性を十分に理解して投資しよう。

「含み益は幻」は本当だった!

私は以前からブログで書いているが、6558クックビズにぶっこんでいる。購入後、2Qの決算から動意付き、あっという間にダブルバガーを達成した。

 

 

株価は年初来3300円の高値をつけてから現在にかけて、圧倒的な下落に見舞われている。

含み益は50%オフとなり、弊店間際のスーパーの惣菜のような扱いになった。

一時は短期で2倍を付けてこの世の春を謳歌していたが、今は没落した落ち武者のような気分だ(本人と髪型が同じ!は禁止)

このように、株の世界では含み益は幻であり、利益を確定するまでは所詮絵に描いた餅なのである 。



小型株の株価は、あくまで参考値に過ぎない

落ち武者のような気分だとは書いたが、正直に言うと今の株価自体は全くもって想定内である。理由を以下に述べる。

1 時価総額の低い小型株は、値幅が50%以上あるのはザラ

2 出来高も少ないし板も薄いので、上にも下にもブレる特性がある

この2つを事前に理解しているので、特に驚きはないのだ。まず、その値幅について。小型株投資というのは、言い換えれば新人女優の卵に投資するみたいなものである。まだ実績には乏しいが、その容姿・才能・将来性、それらを評価し、未来のスターに対して投資をする。私はそういう風に考えている。

これらを実際の株価に当てはめてみたとしよう。ある新人女優が初めてドラマの主演に抜擢され、事務所も周囲も最も盛り上がってる状態、これが株価で言う最高値であり、ドラマ出演後ノルマの視聴率は越えたが、期待されているよりかは視聴率が低かった場合、その期待との乖離があればあるほど株価は下がってしまう。

その期待が下がってしまった状態が、今の株価と考えて間違いない。また、出来高に関して言えば、新人女優であるがゆえにファンも少ないし、知名度も低く、評価にブレが出てしまう。実績のある人気女優(大型株)であれば、 極端な評価のブレは生まれない。

私がクックビズを手離さない理由

小型株は前述したような特性を持っていて、上にも下にも大きくブレる。そして今は保有株が低迷している。ではなぜ私はクックビズを手離さないのか?

1 新人だが、ノルマである視聴率(決算内容)はクリアしてる

2 元々の期待が高すぎただけで、本来の評価に戻っているだけ

この2点に集約される。そもそも私がクックビズを買った時は、誰も呟かず全く出来高がない状態で買っている。つまり、買値が低い。なので、その後の株価に関して言えば、欲の深い投資家が値動きを見てトレードをしようとしたり、勝手に妄想を膨らませて会社を高く評価しただけ、というのが私の感想である。

私が買った後に株価がどうなっても、それは私の知ったことではない。私は決算を見てそれに対して値付けをし、株を買っているだけなので、私にとって大事なのは、株価そのものよりも決算である。その決算内容も特に気になる点はなく、至って順調なので静観している。



改めて小型株投資の魅力について考えてみる

じゃあ、これだけ株価の上下があると、 落ち着いて保有し続けることが難しいじゃないか!と思う読者も出てくるだろう。全くもってその指摘は正しい。実際にストップ安以上の下落を経験すると、あまり良い気はしない。

しかし、ここで新人女優の話に戻るが、 初ドラマの視聴率(決算)を超えて、まだまだ魅力のある存在だという認識が変わっていない以上、数ヶ月単位の株価というのはあまり意味がない。逆に、次回作のドラマで期待以上の結果を出す可能性も十分にあり得る。

そうなれば評価は一気にうなぎのぼりになるし、株価は再度高値を超えてくるだろう。そういう期待を株主側に持たせてくれてるうちは、そのまま投資しといた方がいいのではないかというのが、現時点での私の見解である。 なので結論を言うと、

 

小型株投資は、成功した時のリターンが大きい

 

ということがすべての答えだ。任天堂やイオンの株でダブルバガーを狙うのは難しい。しかし、小型株には、分析力・忍耐力・運次第で、大きなリターンのチャンスがある。 私は今後も会社を見守り大きな花を咲かせたいので、まだまだ夢の続きなのである。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA