ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村
株主優待&配当

見逃しちゃダメ!優待も現金同等です。6077 N・フィールド 

N・フィールドは、社会的に意義のある事業を展開

N・フィールドは、精神疾患の患者に特化した訪問看護事業を展開し、

退院した患者に対しても、様々な支援を実施している会社。

その事業内容は上場企業の中でもかなり特殊な部類に入る。

メンタルの病気というのは、一般社会では未だに理解されにくい分野である。

しかし、そういったサービスを必要としている方がたくさんいて、それに

応えているという意味で、社会にとって縁の下の力持ち的な役割を果たして

くれている会社だと認識している。

実はこの会社、2年前は投資対象として検討していた時期がある。

私はその当時からN・フィールドの社会的意義を高く評価していた。

しかし、同じように考える人がたくさんいて、株価は常に高く、高PERで

手出しが出来なかった。

株価を見ると、その当時を思い出す。



ワンチャン狙いは注目!期末だけ年に1回の配当

この会社の権利確定月は、毎年12月の年1回となっている。

今期は、期末配当5円との予想。

会社HPより引用

また来たね、一発権利取り。一発とかワンチャン大好きな諸君には、

たまらない案件だと思う。

なお、配当性向に関しては、

2017年12月期 20.6%
2018年12月期 27.3%

と、上昇傾向にはなっているが、いかんせん分母が低いから5円 orz

個人的には配当や優待ではなく、事業拡大にお金を回したほうがいいんじゃ

ないかと思っている。グロース株として考えるならね。

優待は、2,000円分のアレ!

優待はみんな大好きクオカード!そして、保有株数での増減はなく100株から

もらえる。これは少数小口株主には大変ありがたい。

会社HPより引用

実は今回、N・フィールドを取り上げた最大の理由は、

このクオカードの比率にある。

配当と優待を比べてもらえれば一目瞭然だが、この株はクオカードの比率が

配当よりも高い。

株主としては当然現金でもらえるほうがいいわけだが、例えばクオカードを

無理なく完全に消費できる人がいた場合、その人にとってのクオカードは、

現金とまったく同じ扱いなのである。

そう考えると、配当利回りのみで検索していた人は、この株を見逃す可能性が

十分にある。

逆に言えば、このブログを読んでいる人にとってはチャンスなのである。

直近の業績推移は?

2014年12月期の売上は約30億円。今期予想は約105億円とのことなので、

売上成長は凄まじいものがある。

しかああし!(つばぺっぺ)

増収傾向ではあるが、労働集約型事業なので、近年の利益は減少傾向。

それと比例するように、株価は下落基調である。

どこかで増益に転換すればまた株価は回復すると思うが、 直近3年間の減益

傾向を考えると、現時点では懸念が多く、楽観視できない。

また、中期経営計画を見る限り、現状4%-7%で推移している営業利益率を、

最終年度では10%以上に高めたいとのこと。

これが実現可能であれば、数年後にどこかで株価が反転するとは思うが、

まだちょっと先のことだと考えていい。



倒産や減配の可能性は?

自己資本比率 60.1%

有利子負債は、約0.5億円。

企業としては全く問題がない水準。

キャッシュフローもしっかり出ているので倒産は考えにくい。

ただ優待の変更や廃止については読めないので、その点は要注意。

PER・PBR・各種指標をチェック

※10月8日時点
PERは43.8倍  指数としては割高。成長株としての評価
PBRは3.96倍  指数としては割高。成長株としての評価
ROEは11.6%  成長株としてはやや物足りないかな

キャピタルゲイン狙い?インカムゲイン狙い?

現時点での株価は613円。

期末配当5円+クオカード(2,000円)

この優待&配当ベースでの利回りは、約4%

十分検討に値する水準である。

しかし後述するが、バリュー株の間隔で狙いに行くとやばい。

やば杉晋作。ぜひ記事を最後まで読んでほしい。



N・フィールドは、こんな人におすすめ!

これはもう何と言っても

クオカードを使い切れる人

これが一番重要になるだろう。ただし、額面で言えば2000円なので

あっという間に使い切れる。

その点に関しては心配する必要はない。

使い切れるか心配な方は、元払いで私に送ってください。ニヤニヤ

N・フィールドを購入するに当たっての注意点

1   小口株主におすすめ
2 株価高すぎ高杉晋作
3 利回り以上の株価の下落に注意

100株の小口分散投資の銘柄として考えるのであれば、なかなか面白い。

ただ、この株は現時点でバリュー株ではなく、成長株としての評価が

されていると私は考えている。

なので、利回りベースのバリュー株として狙いに行くと、それ以上の株価の

下落に見舞われる可能性がある。

成長株の評価というのは本当にめまぐるしく、 IR一発で株価が乱高下する。

そういった点も加味し、十分なリスク管理をした上で、投資の検討をして

欲しいと思う。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA