ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村
株主優待&配当

株主優待&配当狙いは、勝てる時だけやればいい。私が10月の権利取りを見送った理由。

使わない優待は、結局使わない。

株主優待や配当というのは、12ヶ月間毎月どこかの会社が実施している。

そういうものを見るとどうしても欲しくなって、多少利回りが見劣りしたり、

あまり欲しくない優待であっても取りに行ってしまう場合がある。

これは「優待あるある」の殿堂入りする行為と言っても過言ではない。

しかし、私はこういった行為をあまり推奨しない。

なぜなら、元々のリターンが低いから達成感も少ないし、

惰性で投資をすると、精神的な疲労感が多いから。

これは私自身の経験から来ている。

 

「この優待、きっと使わないだろうな~。

でも他にめぼしいのもないし、一応取っておくか!」

 

優待到着後・・・・。

 

結局使わない(げっそり)

優待への愛しさと、切なさと、もったいなさで精神的ダイエット成功は確実。

この方法を繰り返せば、

ライザップよりも早く、結果にコミットメント出来るかもしれない。

 



ピンと来るものがない時は、資金を温存しておくことも大事。

投資というのは、基本的に不確定要素が強いものである。

そういったものに自分の大切なお金を投じる際は、

慎重に慎重を期すべきだと私は思っている。

例えば、利回り5%以上じゃないと投資しない!と決めていたのに、資金が余っていた

から利回り3%を狙いに行ったり、欲しくもない優待を取りに行って、トータルで

マイナスの利回りになる可能性も十分にある世界だ。

これらの行為は長く投資を続ける上で、最もいけないパターン。

ルールよりも気持ちが先に立っているから。

「もう、焦っちゃダメ!」

という、年上のお姉さんの言葉は、いつの時代も正しい(何の話)

また、資金を温存しておくメリットとして、先日の三菱商事の急落のように

押し目買いのチャンスを狙えるケースもある。

なので、

1 自分のルール外の取引

2 欲しい欲しい病から来る、無理な取引

この2点に当てはまらないか、常に意識したほうがいい。

ここだけの話、10月の優待&配当銘柄には、魅力的なものがなかった。

まず10月分の銘柄ですぐに目に付いたのが、1873 日本ハウスホールディングス。

例のアレのサイトによると、配当利回り3.88%で、10月分の中でも一際目立って

いたのでチェックしてみた。

すると、9月5日の決算発表で、営業損益が黒字転換していることが判明。

以下は株探より引用。

2019年09月06日09時11分
日本ハウスに大口買い、11~7月期営業損益の黒字転換を評価
日本ハウスホールディングス<1873>が寄り付き大口の買いを集め続伸、
430円近辺で収れんする13週・26週移動平均線を上に抜けてきた。
同社は木造注文住宅を手掛け在来工法の大手。5日取引終了後に発表した18年11月~19年7月期決算は営業損益が4億6500万円の黒字と、前年同期の3億7100万円の赤字から大きく改善した。消費増税を前に駆け込み需要が加わったことや、人材不足の解消で作業の進捗率が高まったことが寄与した。

 

そこで株価を見てみると、決算発表翌日から一気に値上がりしている。

この値動きは単純に決算が良いということを評価し、なおかつ、増配の可能性も

睨んだ値動きになっていると私は考えている。

ここで考えるべき事は、決算直後の450円で買った人と、今の終値である515円で

買った人、同じ優待&配当狙いで投資をした場合、どちらの方が安全性が高いか?

すぐに分かるね?ニヤニヤ

この450円と515円では買値の時点で14%もの開きがある。

この差こそが、安全余裕域の差だ。

同じ投資でも、参入時期で安全性が変わってしまうという実例である。

決算直後に買った人を、素直に賞賛したい。

また、ファーストコーポレーションの例でも説明したように、ここの会社も

年2回の配当で、半年ごとに10円の配当となっている。

つまり、本決算の10月の権利を取っても年利回り換算で1.9%。

今は配当狙いに加えて、好決算を受けての順張りフェイズと考えるのが妥当。

ようするに高値追いの状態になっているので、インカムゲインを中心に考えるのなら

私だったらスルーする。

追記事項として、10月は配当以外に優待としてカレーのギフトがついてくる。

しかし利回りに換算しづらいのと、カレーをもらうのに1000株以上必要となる。

金額に換算すると。515,000円。

配当金は半分で、カレーに50万・・・・。

 

ハードルが高すぎるっつうのこの \(^o^)/

 

ただし、「50万出して食べるレトレトカレーこそ、我が生きる道!」

という大富豪の方は、好きなだけ取れば良いと思う。

余ったら郵送してください。ニヤニヤ



お金は、あなたのポケットを出た時から狙われる。

これは投資というもの全てにおいて言えることだが、

あなたのお金は、あなたのポケットから出た時、

世界中の人から狙われていると考えるべきである。

 

|ω・`)ヤア!   ←あなたのお金を見守るYJJ

 

例えば、優待投資は比較的安全とは言われているが、会社のルール変更による改悪で

下落する場合もあるし、投資した後、○○ショック(彼氏が二股ショックは除く)に

巻き込まれたりとか、とにかくあなたのポケットを出た瞬間から、危険に晒される

可能性がある事は覚えておいた方がいい。

だからこそ、

投資妙味が低かったり、安全余裕域がない場合、

無理にお金を投資する必要はない。

これは台風の時にわざわざ小型ボートで釣りに行くのと同じ。

天気が収まって快晴の時に大海原へと繰り出せば、より安全性は増す。

この海に出るタイミングというのは、

あなただけが決められて、唯一コントロール出来る

部分である。

少しでも条件の良い時に船出が出来るように、

常日頃から準備をしておきたいものである。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA