ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村

株ブログを始めたから分かった!世の投資家が関心のある事とは?

巷では、サウジアラビアでドローンが爆弾をドボーンして、日経先物もドボーンして週末持ち越した投資家がオロローンと泣いてるようだが、 悲観することはない。下げたら買い、下げたら買い。ひたすらこれを繰り返すことで簡単に乗り切れる。私はこの方法で70万円損しました。というわけで本題。



記事数が増えていくと、読まれる記事が分かってくる

自分が専業投資家として生活していると、時に感覚が麻痺することがある。人と違う生き方をしているという事は当然自覚はしているのだが、投資対象や考え方も自分の考えが中心となって、視野が狭くなりがちである。しかし、ブログで記事を書くことによって、私以外の誰かが熱心に記事を読んでくれていることが分かるようになる。

そのデータを基にすると、自分の思っていた株式市場の風景というのがガラッと変わった。今、記事のデータを読み比べているが、やはり自分が考えていたものと違う結果が出たので、ある意味面白い。その辺を掘り下げていきたいと思う。

自分の想像以上に新興株は不人気だった

まず一番顕著に分かった事。それは、

 

新興株は相対的に不人気である

 

ということだ。当然、私の文章力が低くて、読者が興味を示さないということも考えられるのであるが、ある程度記事数が溜まってくると、それだけでは説明がつかない顕著なデータの偏りが見られるようになる。やはり新興株は不人気である。

言葉を変えれば、不人気という表現よりも、参加者が少ないと言った方が適切だろうか。株式投資をする人は、私が考えている以上に、安定性・ネームバリュー・配当の有無といった、目に見えるものに吸い寄せられていくことを理解した。これは今後も投資を続ける上で、非常に参考になった。

また、新興株の中でも、急激に値上がりをした銘柄、例えばこのブログで言えばクックビズなど、株価が盛り上がっている時は、新興株でもアクセスが多い。この辺は、アグレッシブで値上がり益を見込んでいる投資家たちが、私のブログを参考にしている可能性を示唆している。とにかく、新興株は全般的に興味が薄いという印象を受けた。

 



誰でも失敗は避けたいものだ。

株をやる上で、やはり誰でも失敗は避けたいものだ。そういう人たちの心情もデータにきっちりと出てくる。人気なのは、他人の失敗エピソード・どういう風にしたら失敗するかなど、株にまつわる失敗談に人気が集中する。

他のブログでは、大損ぶっこくとアクセスが急に上がるという話もよく聞くので、やはり他人の不幸は蜜の味というベースがあるのだろう。私も大損ぶっこいたら包み隠さず書こうと思う。ただ、デイトレを卒業してるので、なかなか大損ぶっこく機会も減ってしまった。

そういった点ではご期待には添えないかも。なので、巷で有名なフルレバボーイのブログでも参考にして欲しい。ニヤニヤ

正直驚いた。大型株・高配当株の人気はすごい!

私がこのブログを始めて一番驚いたのは、大型株・高配当株の人気は凄いという事。

特にJT関連の記事は非常に注目を集めていて、あまり深く考えずに記事を書いた私自身が驚いている。そして、この一連の記事のデータを読み解くと、やはり大型株・高配当株・優待株といったものが、世間一般で最も関心があるジャンルなんだなとはっきりわかった。

これは、普通に株式市場の参加者を想像してみればよくわかる。私のように専業投資家としてポジションを貼っている人達は、値上がり益を追求する傾向が強い。逆に、兼業で資産運用を考えている人たちは、波の荒い新興株よりも、目に見えて安定したリターンがある、高配当株や優待株に興味が沸くのは自然である。

また、元本を守る意識が強いというのも見受けられる。なので株価変動が小さく、流動性もある大型株に視線が注がれるのは当然だ。私の主戦場は小型株ばかりだったので、この辺の意識の差に非常に驚いた。



これらのデータを踏まえて思ったこと

ここから先は自分の投資スタイルで全く変わってくるのだが、大物狙いと言うか、やはり大きな利幅を狙えるのは、中小型株しかないなと改めて思った。これはどういうことかというと、

関心が低い=出来高が少ない=株価のねじれが大きい

という公式が私の中で成り立ち、将来的に大きく成長できる株を安く購入できれば、花開いた時のリターンが大きいという風に解釈できるから。元々人気があって~、流動性があって~となると、株価の値幅として利益を得るのはやはりしんどい。新小岩。

超絶億万長者がその図体のでかさから大型株を運用するのは理解できるが、私のように東証の片隅でミジンコのように生きてる人間からすれば、やはり中小型株一択だなと思った。

人の行く裏に道あり裏山鹿という言葉通り、

人がいないところにこそチャンスがあるということだ。そして、人々が裏山鹿になっている所へ、ドーン\(^o^)/と持ち株をぶつける。これこそがS男のたしなみ。ニヤニヤ

逆に私のように専業ではなく、生活の足し・将来のゆとりのためにという事であれば、大型株や高配当株を複利で運用するということが、良い選択肢と言えるだろう。そもそも株のポジションなんて、

自分の人生の生き方に合わせる以外にない

そう思っている。やってはいけないことはだいたい決まっているが、成功の定義や方法は本当に人それぞれなので、これからも自分に合った投資をしたいし、ブログ上では誰かのためになる情報を提供できればと思う(主に20~30代の株女子)

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA