ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村
個別銘柄

7150島根銀行と、8473SBIホールディングスが資本業務提携!市場に与える影響とは?

場中に株価が動いた!

引け間際ボケ~っとランキングを眺めていると、急に順位が変わった。

よく見ると見慣れない銘柄が。

そこには、7150 島根銀行の文字が書いてあった。し、島根?急いでチャートを見るとすでに売買停止。何か材料が出たのかと思って適時開示を見るも、何も異常なし。こういう時にだいたい連れ高しそうな銘柄がすぐに思い浮かび、福島銀行を見ると、案の定急騰していた。

ほぼ同時って、どんだけ仲良しやねんwww

約定値を見ると、14:50分スタートで火を噴いていた。

これ、ほとんどコンピューター取引でしょ。人間だと無理ゲー。



引け後に、両社から資本業務提携の正式発表

島根銀行

資本業務提携契約の締結、第三者割当による普通株式及び優先株式の発行、主要株主である筆頭株主及びその他の関係会社の異動に関するお知らせ

SBI

株式会社島根銀行との資本業務提携に関するお知らせ

中身を見ると、

SBIと島根銀行の資本業務提携を実施する。島根銀行はSBIに対して、25億円の第三者割当増資を実施。SBIから島根銀行へ取締役を2名派遣。

要はSBIが協力して、島根銀行を再生しますよという意味。島根銀行のメリットとしては、

資金面でSBIのバックアップを受けられる。

SBIの商品やサービスを紹介することによって手数料が得られる。

低金利で苦しむ地銀にとっては、収入経路の拡大は朗報だろう。一方SBIのメリットとしては、

島根銀行の顧客基盤に食い込める。

わずか25億円の出資で銀行業に絡む事が出来る。

実店舗に進出して、ノウハウを得られる。

お互いに、以上のようなメリットが得られるものと私は考える。どちらかと言うとSBIの方がメリットがあるかなと。業務提携の結果次第だけど、25億ならいい出資になるんじゃないかと思う。島根銀行の情報を確認してみる。

4期連続の赤字はキツイね!地方銀行の苦戦振りが分かる。ただ、上場銀行で最小規模というのは知らなかった。因みに報道が出る前の島根銀行の時価総額は約33億円だった。マザーズの小型株並の評価だ。これ一つとってみても信じられない時価総額だし、地方銀行の評価の低さが分かる。

市場に与える影響とは?

発端は島根銀行だったが、私でさえすぐに連想ゲームで、低時価総額の銀行として福島銀行が思い浮かんだ。おそらくアルゴリズムがメインとはいえ、同時に株価が上がっているところを見ると、皆考えることは同じだったんだろう。

今、地方銀行は低金利の影響や人口減少の影響で、大変厳しい経営環境に置かれている。また、その未来を予感させるかのように、PBR1倍割れは当たり前。非常に安い時価総額で放置されている。ただこのPBR1倍割れというのは、一般の企業とはちょっと評価が異なるという点だけは留意してほしい。ヒントは簿価。



投資家が取るべき行動は?

実はPBR基準で考えて割安だと判断し、地方銀行を買ってる投資家も結構いる。私はその業務内容や資産の換金性の低さなどから、PBR基準での投資ということは考えていないのだが、割安基準で結構買ってる人がいたようで、そういう人たちは今頃ニヤニヤしてると思う。

また、今回のような救済に近い業務提携、または第三者割当増資ということが、他の地銀にも波及する可能性は十分ある。そう考えると、時価総額の安い地方銀行が物色されて、高騰するケースもありえるのではないか?

成長性が無いので個人的には手を出せないのだが、PBRマニアには朗報だし、地方銀行に対しての評価が変わる出来事になるかもしれない。また、今回の業務提携が、地銀の株価の下支えになる可能性もある。買う銀行や資金配分によっては面白い投資になるだろう。月曜は地銀セクターのプチマネゲなりそうな予感・・・。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA