ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村

株で一番怖いのは暴落ではない。市場参加者がいなくなることだ。

今日は読書に専念しようと思いブログを休みにするつもりだったが、ダウも日経もプチ急落したので、急遽個人的な見解をささっと書いておくことにした。株初心者の人で、結構目先の株価を気にしている人もいるみたいなので。私が短期的に語る場合、デイトレ時代の経験則を基にすることが多い。

割と感度は良いつもり(アフン)なので、参考までに。Twitterで言ったことがほとんどなのだけれども、今日の一日の市場の流れ見てると、

 

本当に参加者が減ったな

 

と思った。個別の板はスッカスカで、指数に対してセリクラとかそういうレベルの話ではなく、単純に買いも売りも参加者がいないというような、そういった違った意味での失望感を感じた。

それと、今年もトランプ大統領絡みの急落が複数回に及ぶようになったので、寄り付き前の狼狽売りも無く、ほとんど誤差と言っていいレベルでの下げしかなかった。みんな学習したんだね・・・。

このパターンだと閑散に売りなしなのかなと思う。また、日経とダウを見ていても、ここから大きく下げるには、やはりもうひと押し経済指標の悪化に裏打ちされた材料が無いと下げないのではと思っている。



日本国内で言えば、1ドル105円を恒常的に割る状態。

日本市場では、増税の悪影響が決算で見えてくる時期。

ダウは指標が悪化&FOMCが市場の期待を裏切る行為をした時。

中国との貿易摩擦で、個別の決算に影響が見えた場合。

まあ、現時点で思いつくのはこんな感じ。これぐらいしか下落に転じるイメージが湧かない。そうなると、セリクラを期待しても、スカスカ相場でやることナースな状況に突入する事を危惧している。

ここから新規で買えるような株価水準にあるものがなく、本当に様子見になっている状況で、同じように他の投資家も様子見になってるのだろう。動きようにも動く理由がない。

動かない=閑散相場になる=デイトレもいなくなる=市場参加者が減る

こんな感じなんだろうなと。市場参加者が減ると本当にきつい。暇が暇を呼び、更に暇が加速する。つまり、ヒマofヒマmoreヒマ。ニヤニヤ

下げるなら暴落レベルで下げないと、買う側としても全く旨みがないし、売り仕掛けている人も出来高が少ないとやりづらいだろう。市場に方向性が無いので、しばらくはチャンスらしきものもなさそう。ただし、年内もう一回チャンスがあれば、本気汁プシャーー!したいと思う。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA