ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村

急落が発生!その時見るべきポイントは?

いや~やってきましたね。

久しぶりの急落。

最近のぬるま湯相場には良い刺激になったのではないかと思ってる。

まずは一旦落ち着いて、大口に調理されないように冷静になってみよう。

あ、そう言えば持ち株チェックしてなかったな♪

 

クックビズ 2724円 -236 -7.97%

 

もう調理されてたYO!



私も昨日は一旦下げ止まると思っていたが、為替主導で下げるというのは予想外だった。

なぜなら、前回のFOMCの金利引き下げを受けて、為替が円安に振れるという状況もあり

正直、今になって為替の急落は予想してなかった。

 

 

予想していようが予想してなかろうが、株価は常に動くわけで

いついかなる時でも、問題が起きたらそれに対処できる準備はしておかないといけない。

今回の下げに関しては、私は為替が主導だと思っている。

ヤフーニュースの見出しも、人民元の安値を割ったという事と、韓国のウォンが安値を割っ

たということで持ちきりになっているようだから。

この影響で、当然日本も円高になり、円高=外需の投げ売り、そこに先週末個人が買い向か

った分の投げ売りがミックスされたんだと思う。

加えて、今は8月頭であり、夏枯れ相場真っ盛りで、売買代金も出来高も少ない中で

起きた下げである。

日中の出来高が少ない時に、こういった短期的な急落が起きやすい。

そして、こういうのって、マーケット参加者が少ない時を狙った仕掛け的な売りで、

外資が鬼のような先物売りをしてるケースがほとんど。

まあこういった光景も何年も株をやってると、夏に蝉が鳴くぐらいよく起こる事だからあま

り気にはしてない。

しかし、実際に急落が起きると、兼業で株を持ってる人や初心者の人は、

右往左往してしまう。

なので、こういうことを目の当たりにした時にどうすべきか、教えたいと思う。

いつも言ってるが、万能な話ではなく、個々の持ってるポジションによって全く対応策は変

わってくる。

基本的に現物で持ってる人はこの程度の売りで売却するのはやめたほうがいい。

なぜなら、為替は一日から一週間で上下に相当動くものだが、逆に言うと戻るのもあっとい

う間だから。

為替だけを見て長期投資をするのは得策ではない。

ただし、外需株を持ってる場合は要注意で、その会社の想定為替レートが現在よりもかなり

円安に設定されていた場合は、売却を検討する余地が出てくる。

10円円高になれば相当の打撃になるので。

会社計画とにらめっこして欲しい。あっぷっぷ!

 



 

そして信用で株を持ってる人。

これはよく考えた方がいい。

はっきり言って借金で株を買っている以上、

 

こういう急落時は打つ手が少ない。

 

なので維持率を増やすか損切りするかは、各自で。

次に、内需株を持ってる人は動かないほうがよい。

なぜなら、外需株を売った資金が内需株に回ってくることが予想されるから。

所謂、資金の逃げ場ってやつね。

為替に影響を受けない銘柄で、現物であれば特に売ることもないと思う。

まあ、要は安く買っていれば特に過剰に反応する必要はないということなのである。

とは言っても、何もしないで指をくわえて見ているというのももったいない。

なぜなら、これが短期的な下げであれば、またリバウンドするのは必至だから。

私の場合は為替主導ということもあり、短期的なリバウンドと想定しているので、

先日も言った通り、基本的に買い目線で待っている。

問題はどこで買ったらいいのか?

これが読者の知りたいところだと思うので説明しよう。

まず、短期売買でリバウンドを狙うのであれば、出来高を見る事。

今回は短期逆張りのケース。

もし、あなたが監視している銘柄がダラダラ下げていた場合、見るべきところは乖離率と出

来高であるが、日中仕事をしてる人はなかなか見られないと思うので、直近の出来高がマッ

クスに膨らんだところで買えばいい。

例えば普段出来高が少ないのに今日だけ異常に膨れ上がった場合、売りも増えているが当然

買いも増えているので、日足週足辺りを見て、ここぞというところで買ってみてほしい。

 

ただし、信用ナンピンダメ絶対!(中間テスト出るよ)

そして長期投資の場合。

出来高も膨らまず普通に下げてる株は何を見たらいいか。

時価総額を見るべし

これは以前話した合コンの例えをそのまま使えるが、あなたがこの会社につけている値段と、実際目の前についてる株価との乖離が著しく大きい場合、そして、貴方の考えが正しかった場合は、その乖離そのものがあなたの利益の源泉になる。なので冷静に考えて、この価格なら買ってもいいと思える株価で買って待つしかない。

この場合も、信用ナンピンダメ絶対!(期末テスト出るよ)

はっきり言って、株価の大底を当てるのは不可能だ。

なので急落時は投資家の資金管理とセンスが問われる。

基本的に信用ナンピンをしなければ大事には至らないなので、

自分なりの仮説を持って頑張って欲しい。

ていうか、人にアドバイスしてる場合じゃないけどね(白目)

 

※受渡日が短縮された影響もあり、追証のサイクルも早くなると思われる。

サイクルが早くなると、投資家が資金を準備する時間が足りずに株価がオーバーシュートを

する可能性があるので、逆張りで買う際は、その辺を注意して欲しい。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA