ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村
お金の話&アドセンス収益

お金がない!と言いながら、夜のコンビニでお金を下ろす

投資家パワーをMAXまで高めて

ヤリ手ジジイ2000

と改名したくなった、令和元年7月なのである。

ニヤニヤ。

 

さて本題。

私はここ10年以内で、銀行から預金を下ろす時に手数料を払った事が一度しかない。そのたった一度支払った108円も、めっちゃ敗北感を感じながら現金を下ろした事をよく覚えている。

 

株で大損ぶっこいても、すぐ忘れるのにね。

 

えへへ。



なぜたった108円にこだわるのか?これは私の信念に基づいている。株では儲かる時もあれば、損をしたり、損をする、あるいは損出しをしたり、損切りをする事も多い。

つまり、損ばかり(ぐったり)

そんな私の売買事情はどうでもいいのだが、株の損に関してはどんなに万全で臨んでもコントロール出来ないし、損失そのものは辛いのだが次に繋がる場合も多いので、お金が減っても一概に悪いとは言えない。

が、

コンビニで発生する手数料を防ぐという事は、自分自身でコントロール出来る部分なので、同じ支出と言えどもまったく意味合いが違ってくる。無駄な支出は悪という認識。特に私みたいな専業は、日中ジョギングついでにお金を下ろせば良いので、この手数料の無駄払いに対する抵抗が非常に強い。私にとってこの手数料は、100円を握りしめてなかやまきんに君のポーズを取り、

 

 

「ヤーーーイ \(^o^)/」

 

と、ドブに投げ捨てるのと変わらない。この考えをケチと捉えるか、合理的と捉えるかで、お金への考え方がだいぶ変わるとは思う。だから、「お金がない!お金がない!」と言いながら、一週間に何度も手数料をバンバン払ってお金を下ろしている人を見ると、もったいないなあと感じる。

お金って増やすのも大事だけど、穴の空いてる部分を塞ぐのも大事だからね。そんな事を思ったのであった。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA