ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村
個別銘柄

クックビズの2Q決算を見た感想&分析。

デイトレーダー生活に終止符を打とうと決意したのが、2016年。

長期投資に移行しようと、読み始めた決算資料。

四季報を読んで分かった気になりながらも、チンプンカンプン。

食べた事ない、なんでんかんでん。

あれから3年。

 

 

たまにデイトレしてます(クセが強いんじゃ)

 

一ヶ月に数回まで減ったから許して(ゲッソリ)

さて、本題。



今、私がもっともホットでアレがナニしている、全力ぶっこきまるの銘柄。

それはクックビズ。

結構前から言ってるから、名前ぐらいは覚えてくれた人もいるとは思う。

先に言っておくが、

 

シャレた調理師学校の名前

 

ではない。

飲食業界に特化した、アレをアレしてアレする会社だ。

詳しくはこっち見て(丸投げ)

前回、1Qの決算発表で見事な赤字着地を決め、

サイレント買いしていた機関投資家をおったまげさせた

ツンデレな会社である。

しかし、この超薄い板(0.02mm)でよく集めたなと感心しつつ、時価総額が50億以下

なのに有名機関投資家が5%を集めるというのは、個人的には非常に興味深い。

 

 

きっと私のパクリだと思う(キッパリ)

 

SNS見てるなら正直に言って欲しいし、手数料欲しいよね。ニヤニヤ

さて、こうやってすぐに回り道、はやみもこみちしてしまうのが、

私のブログの欠点だが、四年に一度ぐらいは、良い記事を書いているので

見逃さないで欲しい。

 

ポロリもあるしね。

 

いい加減に本題に移らないと離脱されるので、決算資料を見てみよう。



2019年11月期 第2四半決算短信

2019年11月期 第2四半期決算説明資料

以下は株探ニュースより引用。

クックビズ、上期経常が2.2倍増益で着地・3-5月期も2.9倍増益

クックビズ <6558> [東証M] が7月12日大引け後(15:00)に決算を発表。

19年11月期第2四半期累計(18年12月-19年5月)の経常利益(非連結)は前年同期比2.2倍

の1億3200万円に急拡大し、通期計画の2億0500万円に対する進捗率は64.4%に達し、

さらに前年同期の43.8%も上回った。

会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した6-11月期

(下期)の経常利益は前年同期比5.2%減の7300万円に減る計算になる。

同時に、期末一括配当は引き続き未定とした。

直近3ヵ月の実績である3-5月期(2Q)の経常利益は前年同期比2.9倍の1億5200万円に急

拡大し、売上営業利益率は前年同期の7.8%→18.3%に急改善した。

 

ニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤ

ニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤ

ニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤ

正直、ニヤニヤが止まらなかった。

 

今回の決算を受けて、私の注目点は以下の通り。

1 売上の安定的な伸びが継続

2 新規事業の赤字が無ければ、更に利益は増える

3 この超小型株に群がる機関投資家に悶絶

4 まだ投資期であるのに、利益率が改善

5 実は流行のサブスクリプション銘柄である

 

1 売上の安定的な伸びが継続

この会社、収益の柱がザックリと二本ある。

一つは人材紹介事業。

もう一つは求人広告事業。

セグメントでは同じ括りなので単一と考えていいが、

分析しやすいので、事業内容を分けて考えてみる。

決算資料を読むと、

人材紹介事業は前年同四半期比18.5%増。

求人広告事業は前年同四半期比35.3%増。

共に二桁増の伸びを見せている。

これだけでご飯は6杯食べられるし、ニヤニヤとロマンティックが止まらない。

売上が好調と言う事は、需要があるという証。

どんなに素晴らしい商品やサービスでも、買う人がいないと

ビジネスとしては意味が無い。

そう考えると、クックビズは必要とされている証拠だろう。

 

2 新規事業の赤字が無ければ、更に利益は増える

クックビズは新規事業を展開している。

クックビズフードカレッジやFoodionである。

特にFoodionは、食のSNSとしてブランドを確立出来るか

注目している。

社長は多分、収益化を急がずゆっくりと育てているのではないかと推察。

おいしい料理は世界をつなぐので、優良コンテンツに育てたあと

マネタイズして欲しい。

この新規事業の営業赤字が23百万。

これが無ければ、利益は更に上積みされると考えていい。

ただ、こういったものは赤字と言えど、成長のために必要なものだと考えているので

大きな収益源にするべく、成長させて欲しいと思う。

 

3 この超小型株に群がる機関投資家に悶絶

何これ怖い。

 

機関投資家って、時価総額100億以下の会社はあんまり買わないんじゃないの?

誰かおせーーて!



 

4 まだ投資期であるのに、利益率が改善

今回私が一番びっくりどっきり、1,000円ポッキリ!(騙しの常套句)

したのは、この利益率の改善である。

中長期の視点で考えると、まだこの会社は投資期であると考えられる。

なのに、この圧倒的利益率の改善。

理由として、

利益につきましては、従業員の待遇改善、積極的な人材採用などの人材投資および広告宣

伝投資を実施しましたが、売上高が堅調に推移したことにより

と書いてある。

正式な決算なので会社は堅苦しく表現してるが、

これを私が分かりやすく、フレンドリーに訳すと

 

めっちゃ引き合いがあって、売上ウハウハwww

給料上げたし、人もめっちゃ採用して経費をバンバンかけたのに

それ以上に売上あがって、笑いが止まんねwww

事業の追い風って半端ないねwww

 

黙ってついて来い(キリッ)

 

 

という事だと思う。

異論は認めない。

 

5 実は流行のサブスクリプション銘柄である

今年、クックビズダイレクトプラスというビジネスを開始した。

このビジネスは、アレをアレしてアレするとのこと。

詳しくはこっち見て(やっぱり丸投げ)

このリリースを見て、私は胸がおどった。

なぜなら、こういうビジネスは膨大な求人のデータベースが無いと

成立しないからだ。

飲食に特化している分だけ、マッチングしやすいデータが

たくさん詰まっている。それを提供しようというわけ。

これはデータが増えれば増えるほど顧客満足度が上がり、

更に会社の利益率もよくなると思う。

非常に期待している事業形態である。

 

以上が、今回のクックビズの決算を見た私の考えだ。

いつも言っている通り、

「この記事を見たからこの会社を買おう!」

ではなく、別の株を買う時の参考にして欲しい。

ここからこの株を買う事を一切推奨しないし、「クックビズ持ってます!」って

言われても嬉しくないし(美人は別)、あなたが損しようが儲かろうが、私の懐には

一切関係ないので、その辺を理解した上でどうぞよろしく。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA