ヤリ手ジジイと呼ばれたい~投資でリタイア~
小型株集中投資の極み\(^o^)/
両方ともクリックしてくれると嬉しいです(﹡´◡`﹡ )
PVアクセスランキング にほんブログ村

下げ相場に立ち向かう方法を考える



下げ相場!下げ相場!と巷では騒がれてるけど、実際に下げ相場とは

どんなものか?

私は普段から言ってるが

 

300円下がって100円戻して、また300円下がって

200円戻して700円下がる。

 

みたいな感じで、結局は安値をズルズル更新していくのが、下げ相場である。

この株価の流れの仕組は、

A「300円下がった段階で逆張りが入り、100円戻した段階で利益確定。

元々高値で捕まってる人も100円戻したから売る。」

つまり戻り売りと短期逆張りの売りが重なる。

その影響でまた300円下がる。

するとまたAの現象が繰り返される。

そのうちに日経の上げ幅がちょっと良かったりすると、底打ちだと思って

買いが入る。しかし、こんどは高値掴みが喜んで売りをぶつけて来る。

底打ち期待の人が高値掴みになって上値が重くなり損切り。

こんなやりとりを年単位で続けるのが下げ相場である。

なので、

 

株価の大底なんて分かんな~~い\(^o^)/

 

これが結論となる。ちなみに、

 

天井を探しに行くのが上げ相場。

 

大底を探しに行くのが下げ相場。

 

次の宅建に出ます。ニヤニヤ

じゃあ、こうした現象に対してどう立ち向かうか。

私は空売りを推奨しないので、空売り以外で考えたい。

1 株をやらない

ある意味究極のディフェンスだと思う。「休むも相場」という格言がある

ように、地合が悪い時や分からない時には現金で持っておく。

これも一つの手段だと思う。

長所 お金が減らない(インフレ的な意味を除く)

短所 相場観が無くなったり、上げの初動に付いて行きにくい

   

買い遅れ涙目プギャーm9(^Д^)」とか、ツイッター民に罵られて辛い。

 

2 大底が分からないので、現物でホールド

これも大底をあえて当てに行かないストロングスタイル。「日はまた昇る」の

精神で何年も待てるのであれば、長い景気の循環の中で、浮上する事も出来よう。

長所 最初から底値当てを放棄してるので、精神的に楽

短所 ある意味欲が無いので、資金効率という観点では悪い

ライジング・サンするまでは闇一択。



3 配当・優待といった「目に見えるリターン」を基にした長期投資

これは色んな意味で手堅い投資。例えば年利5%もらえる株が値下がりして

逆に6%・7%・8%・・・と利回りが上がっていった場合、この配当が

株価値下がりの大きな抑止力になる。

「値下がりするほどに美味しくなる」という、不思議な状態が完成するからだ。

また、換金性の高い優待も同様に株価の下支えになる。

株価の底値は分からないけれど、配当の高さは目に見えるので

キャピタルゲインをメインにしなければ、有効な手段だ。

ただし、減配の可能性が少ない銘柄を吟味する必要はある。

長所 配当があるため、新興株ほど乱高下しない。底堅い。

短所 減配や優待廃止の可能性がある。

 

減配株持ってると「私、指摘しましたよね」おじさんにチクチク言われる。

 

4 逆張りをする

これは兼業の人にはあまりお勧めできないが、下げ相場で一番儲かると

言ったら、空売りを除いた場合にこれしかないんじゃないかと思う。

ちなみに、私は下げ相場で現物買いのみで資産を増やしたBNFさんに

影響を受けており、そのおかげで2008年からの株価低迷期にお金を

増やせている。しかし、この逆張りは短期的な需給を考えた取引に

なるので、下手な人は傷口を広げる可能性が高い。

ある程度の経験も必要になるので、参考までに。

長所 下げ相場に悠然と立ち向かえる短期売買

短所 落ちるナイフが頭に刺さって、病院送りの可能性

また、BNFさんを目指して失敗すると、

 

「B(暴落相場で)N(ニートが大損して)F(ファーwww)」

 

とか罵られて悲惨。

本格的な下げ相場へと移行する可能性が高くなった日本経済。

この三連休は、ゆっくりと自分の投資方針を決める時間に当てて

みてはどうだろうか。

なお、

クリスマスの予定組むのが楽しすぎて

り~~~む~~~~(はあと)

とか、発情してピンク色になってる人間がいたら、即アク禁です。即です。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA